サイトメニュー

豊胸手術の種類

女性

沢山あるバストアップ法

シリコンバッグ挿入法やヒアルロン酸注入、脂肪注入法など、様々な手段によってバストコンプレックスを克服できます。可能なかぎりバストアップできるのがシリコンバッグ挿入法です。好きなボリューム・デザインのシリコンを脇の下から挿入する手術で、いっきに理想のバストに仕上がります。仙台でとにかく貧乳をすっかり治したいというなら、シリコンバッグ挿入法を取り入れている美容外科を探すことです。プチ整形の部類に入る簡単な施術が、ヒアルロン酸注入によるプチ豊胸です。極細針の注射器を用いて、アンダーバストからヒアルロン酸を注入し、バストにハリを出します。ヒアルロン酸注入はしわ・たるみ取りにも使われていて、仙台の美容外科でも一般的に普及しています。脂肪注入法を用いた豊胸なら、自分自身のいらない脂肪細胞を有効活用できます。ふとももなどについた脂肪細胞を吸引し、それをバストに注入する豊胸手術です。自分の脂肪なので拒絶反応がなくすんなりとなじみ、自然なボリューム・触感になります。さらにふとももなどに付着したいらない脂肪がなくなるなど、メリットがいっぱいです。

美容外科のシリコンバッグ挿入法は使用するシリコンの種類によって手術費用が左右されます。仙台なら20万円〜50万円の間が手術費用の相場と見ていいです。ヒアルロン酸注入は仙台の美容外科で一番安くできるプチ整形です。一番少ない量であれば両方のバスト合わせて5万円くらいからできます。ただし、ヒアルロン酸の場合、シリコンバッグとは違い時間が経つと代謝によって自然分解されます。すっかり分解されるまでの期間は2年ほどで、そうすると元の状態に戻ります。そのため、ヒアルロン酸注入は何年か置きに継続してやることを前提として取り組んだほうがいいです。また、ヒアルロン酸も注入する量が費用を決定するので、事前に医師とよく話し合って決めることが大切です。脂肪注入法の費用は脂肪吸引と合わせて40万円前後が相場です。脂肪注入で入れた脂肪も代謝によってある程度なくなりますが、ヒアルロン酸ほどではないです。不要な老廃物をきれいに除去してから良質な脂肪を注入するコンデンスリッチ法なら定着率が高くなります。

Copyright© 2019 美容医療で外見の悩みを本格的に解消しよう All Rights Reserved.